日経ビジネス 2004/04/12号

時流超流・トレンド
首相、突然の年金一元化案 官僚は「不可能」、政局握る狙いだけか

 今国会最大の焦点である年金制度改革法案の審議が混迷の様相を呈してきた。小泉純一郎首相が3月末、政府案には全くない公的年金制度の一元化を突如言い出したことから、民主党が「審議前から見直しに触れざるを得ない欠陥法案だ」として反発。政府・自民党と鋭く対立したためだ。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1741文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
【記事に登場する企業】
厚生労働省
自民党
民主党
update:19/09/24