日経ビジネス 2004/04/12号

時流超流・トレンド In the Market
携帯電話機の小型化・高機能化に出遅れ ノキア、シェアも株価も足踏み

 「2003年は携帯電話産業にとってもノキアにとっても記念すべき年だった」。3月25日にヘルシンキで開かれたフィンランドのノキアの株主総会で、ヨルマ・オリラ会長兼CEO(最高経営責任者)は株主にこう語った。世界の携帯電話市場は4億7000万台と前年比15%増え、ノキアも過去最高の1億7900万台を販売した。シェアは34.7%に漸減 低迷が続いた株価も上向きに転じた。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1602文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > 携帯電話機*
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > 携帯電話機*
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話機*
【記事に登場する企業】
米ガートナー・データクエスト社
フィンランド・ノキア社
update:19/09/24