日経ビジネス 2004/04/12号

特集 なぜ根づかない?トヨタ生産方式 ブームに 第1章
キヤノンが伸びソニーが落ちたワケ

 ソニーは早くから生産改革に乗り出していた。1992年に、ベルトコンベヤーを使った大型ラインを捨て、作業者を多能工化し、1人もしくは少人数で製品を作り上げる「セル生産」を始めた。この言葉は同社の造語だとされる。他社に先駆け改革に着手し、今流行の生産方式の名づけ親でもあるソニーだが、モノ作り力の低下を指摘する声が聞かれる。(32〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8202文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
【記事に登場する企業】
米アルコア社
キヤノン
ソニー
デル
トヨタ自動車
米ハーバード大学
ものつくり大学
update:19/09/24