日経エレクトロニクス 2004/04/12号

特集 アナログ−デジタル協調設計
<A—D/D—A変換器> 高速化へまっしぐら ΣΔ型は広帯域に

 「半導体技術のオリンピック」といわれ,常に記録破りの成果が求められる国際会議「ISSCC」†において,あたかもゴールド・ラッシュのように発表が殺到したのがA—D/D—A変換器である。今年のISSCC 2004では,発表件数が29件と過去最高であるばかりでなく,アナログ部門の全31件中の実に9割以上をA—D/D—A変換器が占めた。(106〜113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12254文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集(87ページ掲載)
アナログ—デジタル協調設計
特集 アナログ−デジタル協調設計(88〜93ページ掲載)
<先手を打つ> アナログを知り デジタル機器に生かす
特集 アナログ−デジタル協調設計(94〜103ページ掲載)
<ケース・スタディー> デジカメ,ケータイ,DVD 設計の鍵は雑音と電源
特集 アナログ−デジタル協調設計(104〜105ページ掲載)
アナログ 語録 Quotations from Masters of Analog
特集 アナログ−デジタル協調設計(106〜113ページ掲載)
<A—D/D—A変換器> 高速化へまっしぐら ΣΔ型は広帯域に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
【記事に登場する企業】
米アジレント・テクノロジー社
米アナログ・デバイセズ社
シャープ
ソニー
米テキサス・インスツルメンツ社
東芝
米ナショナル・セミコンダクター社
独ナショナル・セミコンダクター社
蘭フィリップス・リサーチ・ラボ社
米マキシム・インテグレイティッド・プロダクツ社
米リニア・テクノロジー社
update:19/09/26