日経ビジネス 2004/05/03号

時流超流・トレンド 緊急特集 衝撃!ダイムラーが支援拒否
三菱自動車の混迷 「負の情報」阻害、薄い危機感

 三菱自動車の経営不在ぶりを象徴するこんなエピソードがある。転落の元凶となった、米国販売における大量の自動車ローン焦げつきが、自動車業界や証券アナリストの間でささやかれていた2002年のことだ。 ある証券アナリストが、当時のCFO(最高財務責任者)である緑川淳二副社長に対し「米国のローン販売は大丈夫か」と質問した。それに対し緑川副社長はこう答えたという。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4289文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > その他(経営危機・再建)
【記事に登場する企業】
独ダイムラー社
三菱自動車
update:19/09/24