日経ビジネス 2004/05/03号

時流超流・トレンド 緊急特集 衝撃!ダイムラーが支援拒否
ダイムラーの誤算 「シュレンプ拡大路線」修正へ

 なぜダイムラークライスラーは三菱自動車を見限ったのか。その背景には、周到な計算があった。ダイムラーは三菱自動車を「提携パートナー」と呼び、三菱自動車の負債を自社の貸借対照表に織り込まないように、出資比率を37%に抑え、米クライスラーとは待遇を区別してきた。 ただし、2003年上期まではダイムラー側にも三菱自動車の将来については楽観論が強かった。(13〜14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3216文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
ダイムラー社
三菱自動車
update:19/09/24