日経エレクトロニクス 2004/05/24号

特集 信頼性にこだわれば、素材を診る
第1部<強まる危機感> 不具合の火種は増長 機器評価の見直しが急務

そう考えた機器メーカーは,材料や部品/モジュールといった「素材」の評価に踏み込み始めた。 「他社から調達する部品を使用する際には,その部品の信頼性を確保すべく,信頼性評価基準などを強化して再発防止に努力します」——。 ソニーは2004年1月26日,PDPテレビ約1万700台の無償修理に踏み切ると発表した注1)。(110〜115ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10488文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 信頼性にこだわれば、素材を診る(109ページ掲載)
信頼性にこだわればこそ 素材を診る
特集 信頼性にこだわれば、素材を診る(110〜115ページ掲載)
第1部<強まる危機感> 不具合の火種は増長 機器評価の見直しが急務
特集 信頼性にこだわれば、素材を診る(116〜121ページ掲載)
第2部<踏み込む一歩> 信頼性の確保に奇策なし 労を費やす機器メーカー
特集 信頼性にこだわれば、素材を診る(122〜127ページ掲載)
第3部<高まる依存度> 拡大する受託ビジネス 高付加価値化に挑む
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > 素材(半導体関連)
エレクトロニクス > 不具合・トラブル(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの不具合・トラブル全般
ビズボードスペシャル > 素材 > 素材(半導体関連)
【記事に登場する企業】
米ザイリンクス社
ソニー
update:18/07/31