日経エレクトロニクス 2004/05/24号

Selected Shorts
「セキュリティは最終的には倫理の問題」,利用者が悪いのか,開発者が悪いのか

 情報処理推進機構が運営する「未踏ソフトウエア創造事業」のプロジェクト・マネージャーを務めたこともある電気通信大学 情報工学科 教授の竹内郁雄氏は,「Winny」開発者逮捕の報道を受けて次のようにコメントを寄せた。(本誌) この報道を聞いた当初は,ソフトウエアの開発者が委縮してしまうことにならないかと心配した。こうした懸念が杞憂に終わることを期待している。(41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:548文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > マルチメディア配信 > PtoPファイル交換サービス・ソフト*
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > その他(インターネット関連の事件・事故)*
【記事に登場する企業】
電気通信大学
update:19/09/26