日経エレクトロニクス 2004/05/24号

Leading Trends
携帯機器向け燃料電池 離陸間近で視界不良に
早期の実用化には慎重論も台頭

2004年5月に米国バージニア州アーリントンで開催された「Small Fuel Cells 2004」では,燃料電池時代の幕開けを前に,現実の課題と向き合う燃料電池メーカーの内情が明らかになった。 ノート・パソコンからデジタル方式のカメラ一体型VTR,デジタル・カメラ,そして携帯電話機まで——。 携帯機器での利用に向けた燃料電池の開発が佳境を迎えている。(59〜66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12041文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
【記事に登場する企業】
群馬大学
韓国・サムスン綜合技術院
独スマート・フューエル・セル社
米ニア・パワー・システムズ社
米モトローラ社
update:18/07/31