日経ものづくり 2004/06号

なるほどtheメソッド 第3回
遅れを定量的に把握し 手を打つべき時を的確に判定
第    回 プロジェクト・マネジメント

これまでTOC(制約条件の理論)について,従来の業務改革手法との違いやその思考プロセスについて解説してもらった。今回は,そうした考え方を前提とした上で,実際に業務改革においてTOCをどのように適用していけばよいのか,製品開発におけるプロジェクト・マネジメントを例に具体的な方法を解説してもらう。(本誌) 製品開発の現場はもともと負の循環に陥りやすい環境にある。(186〜189ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6972文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
【記事に登場する企業】
ロゴ
update:19/09/26