日経ビジネス 2004/06/07号

有訓無訓 コラム
部下や同僚思いやる “一点の素心”を持つ 新美 春之[昭和シェル石油会長]

 ほっとしたんですね、医者に「悪性の腫瘍だ」と言われた時、不思議と。1985年に合併して2年後、私は会社の主流から外されました。ガスが担当の中心の窓際常務。病気になったのはその部門に行ってしばらくしてのことです。当時50歳でしたか。 奥三河の材木屋に生まれ、「男なら月給取りになっちゃだめだ」という、おやじの言葉が何となくインプットされていました。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1431文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
昭和シェル石油
update:19/09/24