日経ビジネス 2004/06/07号

特集 技術者の反乱 「会社は何も分かっちゃいな
技術者の反乱「会社は何も分かっちゃいない」
日亜VS中村 200億円判決の原点 訴訟に転じる分水嶺

(編集委員 水野  博泰、宮東  治彦、外薗  祐理子、ニューヨーク支局=山崎  良兵) 「明日は我が身か」。1人の技術者が会社に翻した反旗の連鎖が、日本の経営者たちを震え上がらせた。(27〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4484文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 技術者の反乱 「会社は何も分かっちゃいな(27〜29ページ掲載)
技術者の反乱「会社は何も分かっちゃいない」
特集 技術者の反乱 「会社は何も分かっちゃいな 第1章(30〜33ページ掲載)
軋む信頼関係 サムスン、引き抜きの裏事情
特集 技術者の反乱 「会社は何も分かっちゃいな 第2章(34〜37ページ掲載)
カネを超えた動機 立役者3人、それぞれの選択
特集 技術者の反乱 「会社は何も分かっちゃいな 第3章(38〜41ページ掲載)
対立から並立へ 心をつかむマネジメント
特集 技術者の反乱 「会社は何も分かっちゃいな 第4章(42〜44ページ掲載)
起業大国に学ぶ 「米国でなら、始められる」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
日亜化学工業
update:19/09/24