日経ものづくり 2004/07号

特集 このままでは危うい セル生産 特集扉
このままでは危ういセル生産
特集COVER STORY

セル生産が登場してから,既に10年以上が経過した。日本国内での生産存続を懸けて,現在では多くの工場がセル生産を採用している。生産量を小まめに調整できる,在庫が減る,生産性が向上する,品質が良くなる—多くのメリットがあるといわれてきたセル生産。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:502文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 このままでは危うい セル生産 特集扉(38〜39ページ掲載)
このままでは危ういセル生産
特集 このままでは危うい セル生産 Part1(40〜45ページ掲載)
工場の存続を懸けて セル生産の改革が始まる
特集 このままでは危うい セル生産 Part2(46〜49ページ掲載)
熟練者を補うため コンベヤ生産も併用
特集 このままでは危うい セル生産 Part3(50〜53ページ掲載)
セル生産の近くで 部品生産を同期化させる
特集 このままでは危うい セル生産 Part4(54〜57ページ掲載)
スキルだけに頼らず 作業ペースを生み出す
特集 このままでは危うい セル生産 Part5(58〜61ページ掲載)
判断・確認を機械で助け 作業の抜けを防止
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
update:19/09/26