日経ものづくり 2004/07号

解説 シャープが今どき最高益の理由 Part2
和の強さを引き出し人材も育てる 「緊プロ」は一挙両得の制度
Part 2—緊プロの存立基盤

 「シャープの強さの背景には緊プロ(緊急プロジェクト)がある」─。こう表現されても確かに間違いではありません。当社がほかにない新しい製品を生み出せる一つの理由として,社内で緊プロがうまく作用していることは事実だからです。 しかし,決して「緊プロがあるから良い製品が出てくる」というわけではありません。(107〜110ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6535文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/26