日経ビジネス 2004/07/19号

敗軍の将、兵を語る 人物
井堂 孝純 氏[日本歯科医師会会長] 医療の充実が経済再生の源

 中央社会保険医療協議会(中医協)を舞台にした贈収賄事件で、日本歯科医師会の臼田貞夫前会長らが逮捕、起訴されました。健康保険組合連合会の下村健前副会長らに賄賂を渡し、歯科側に有利な発言を引き出そうとしたと報じられています。 現在係争中の事件で、まだ容疑を認めておられない方もいますので、組織の長としては罪だとは言いづらい。(124〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5482文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
update:19/09/24