日経ビジネス 2004/07/26号

時流超流・トレンド
「経営人災」連鎖断ち切るか 三菱自動車の生え抜き新社長に現場の期待

 三菱自動車の再建に向けた舞台がようやくが整った。7月15日、企業再生ファンドのフェニックス・キャピタルやJPモルガンなどによる増資払い込みが終わり、合計4960億円の資金調達が完了した。後は新経営陣がいかに過去の「経営人災」の連鎖を食い止め、自信を失った組織を立て直せるかにかかっている。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1685文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
update:19/09/24