日経ビジネス 2004/07/26号

ケーススタディー 日本マクドナルド 経営
「現場力」で復活なるか

 「今日は、皆さんの疑問にお答えできる幹部が顔を揃えています。まとめて壇上に来ていただきましょう」 今年6月下旬、日本マクドナルドが開いた「ブレイクスルーセッション」。原田永幸副会長兼社長は居並ぶ店長や営業担当者に経営方針を語った後、8人の本部長に登壇を促した。全員がステージに並ぶと、「何なりと質問をどうぞ」と参加者に呼びかけた。(66〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8574文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24