日経ビジネス 2004/07/26号

技術&イノベーション 拡大版 リポート
リサイクル技術 効率と質への挑戦

 日本で1年間に発生する一般廃棄物と産業廃棄物の総量である。1人が年間に4トン車1台分の廃棄物を出している計算だ。何とか延命措置を続けてきた最終処分場の容量も、限界に達しつつある。産業界が資源を循環させながら生産活動を続けていくには、製品を送り出す動脈だけではなく、廃棄物を回収・再資源化する静脈が円滑に機能しなければならない。(104〜108ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6078文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
update:19/09/24