日経ビジネス 2004/09/06号

時流超流・トレンド
NTTと対決の構図鮮明に 「割安固定電話」仕掛けるソフトバンクの勝負勘

 今年5月に日本テレコムの買収、7月にはコールセンター最大手のベルシステム24との包括業務提携を発表したソフトバンクが12月から、独自通信網による固定電話サービス「おとくライン」を開始する。割安な長距離固定電話を足がかりにNTTと直接対決する構えだ。 ソフトバンクは、日本テレコムがNTTの電話局舎内に設置した交換機と、局舎間を結ぶ自前の基幹通信網を活用。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1706文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 固定電話サービス > 固定電話サービス
【記事に登場する企業】
ソフトバンク
update:19/09/24