日経ものづくり 2004/11号

特集 トラブルがあなたに迫る 事例5
仕様書のツメが甘くて手直しが続発 顧客の要望を引き出す叩き台が必要
 事例

 「機械が動いているときは,ランプが赤く光っていないと困るみたいです。今から直してもらえませんか」—。仕事を発注してくれた相手にこう言われたら,従うしかない。この企業から業務を請け負っていたメーカーは,利益がなくなるのを覚悟で作業員や部品の調達を始めた。(54〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2767文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 トラブルがあなたに迫る 特集扉(38〜39ページ掲載)
トラブルがあなたに迫る 何をすればよいのか
特集 トラブルがあなたに迫る 現場の声(40〜45ページ掲載)
どんなに厳しい環境でも トラブルは減らせる
特集 トラブルがあなたに迫る 事例1(46〜47ページ掲載)
コストダウンが設計ミスを誘発 クレームが少ないだけに動けない
特集 トラブルがあなたに迫る 事例2(48〜49ページ掲載)
量産工程で発覚した図面の間違い 設計と検査の工程に共通の規則を追加
特集 トラブルがあなたに迫る 事例3(50〜51ページ掲載)
顧客が正しく使うとは限らない 無理な注文はあらかじめお断り
特集 トラブルがあなたに迫る 事例4(52〜53ページ掲載)
特定環境下での検証に抜け 製品の複雑化には機能展開で対応する
特集 トラブルがあなたに迫る 事例5(54〜55ページ掲載)
仕様書のツメが甘くて手直しが続発 顧客の要望を引き出す叩き台が必要
特集 トラブルがあなたに迫る 事例6(56〜57ページ掲載)
新規参入の製品で同時に三つの不具合 クレームから学ぶOJTを導入
特集 トラブルがあなたに迫る 事例7(58〜59ページ掲載)
契約外のコストダウン要求で大損失 他社にない技術で契約の主導権を奪う
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
update:19/09/26