日経ものづくり 2004/11号

事故は語る 風と消火剤のいたずらか
風と消火剤のいたずらか 出光の2度にわたるタンク火災

2003年9月26日午前4時50分すぎ,北海道を中心に強い地震が発生,広い地域で震度6弱の揺れを観測した。この影響で,出光興産の北海道製油所(北海道苫小牧市)では原油タンクの屋根の周囲から出火し,およそ7時間にわたって燃え続けた。その2日後,今度はナフサを貯蔵していた別のタンクから火の手が上がった。強風で消火作業は難航。(173〜175ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4494文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > エネルギー資源・燃料
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー資源・燃料
【記事に登場する企業】
出光興産
update:19/09/26