日経ものづくり 2004/11号

足許から固めるSCM 第2回
需要予測精度向上か期間短縮か 問題の本質を探る
第 2  回 プロセスの可視化

SCM(Supply Chain Management)で実施すべきことは,リードタイムの短縮と需要予測精度の向上の大きく分けて二つ。この二つを自社の事情と合わせて効率良く実施するために,今号ではプロセスの可視化を紹介する。可視化することで,現在の問題点と問題点の本質が見えてくる。(176〜179ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5823文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > SCM(サプライチェーンマネジメント)*
update:19/09/26