日経バイト 2004/12号

BYTE Report
[セキュリティ] ドコモ,IBM,Intelの3社が提唱 突如浮上したセキュア携帯機器規約

 NTTドコモ,米IBM社,米Intel社は携帯電話を含む携帯機器向けセキュリティ規約「Trusted Mobile Platform(TMP)」を策定した。TMPは,クレジット・カード番号や電子決済などの機密データに対する不正アクセスを防ぐために,携帯機器に盛り込むべき要件をまとめたもの。2004年10月27日に発表した。携帯電話機メーカーなどのフィードバックを得た上で完成させる。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1714文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
【記事に登場する企業】
米IBM社
米インテル社
NTTドコモ
update:19/09/25