日経バイト 2004/12号

特集 型破りなユビキタス技術 2次元通信
2次元通信 卓上,床,壁などで“ケーブルレス”通信

ケーブルでもなく無線でもなく,伝送媒体に面を使う。それが2次元通信だ。東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻助教授の篠田裕之氏が中心になって開発している。机の上や床,壁など,身の回りにある面がすべて伝送媒体になる。2次元通信ならば布でも通信可能。2次元通信は,どこでも通信できる環境を作るための有力な技術になる可能性を秘めている。(25〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7249文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 型破りなユビキタス技術(16ページ掲載)
型破りなユビキタス 技術
特集 型破りなユビキタス技術 総論(18〜19ページ掲載)
総 論 「いつでもどこでも」の空白を埋める
特集 型破りなユビキタス技術 可視光通信(20〜24ページ掲載)
可視光通信 無数にあるインフラ「照明」を使う
特集 型破りなユビキタス技術 2次元通信(25〜29ページ掲載)
2次元通信 卓上,床,壁などで“ケーブルレス”通信
特集 型破りなユビキタス技術 人体通信(30〜34ページ掲載)
人体通信 一部はすでに実用化,10Mビット/秒の試作機も
特集 型破りなユビキタス技術 成層圏プラットフォーム/準天頂衛星(35〜37ページ掲載)
成層圏プラットフォーム/準天頂衛星 日本の上空に通信/測位の基地を築く
特集 型破りなユビキタス技術 無線電力伝送(38〜40ページ掲載)
無線電力伝送 電力を電波で送るマイクロ波給電
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > その他(インターネットサービス) > その他(インターネットサービス)
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 伝送規格全般
update:19/09/25