日経ビジネス 2004/12/06号

環境と経営 リポート
ディーゼルで世界を制す 国内市場壊滅の日本メーカーが続々再強化するわけ

少ないCO2排出、燃費の良さなどが評価されディーゼルの利用が広がる。欧州では市場の主流に。「コモンレール」など先進技術が欠点を補う。 日本での普及には課題が残るも、開発競争は自動車会社の将来を占う。(132〜136ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6457文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 環境・自然保護(車・機械)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > エンジン・モーター
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(車・機械)
update:19/09/24