日経ESG 2005/01号

トレンド・アンド・ニュース 排出ガス
DPF不正、三井物産同情論の背景
排出ガス規制

 三井物産は11月22日、ディーゼル車規制用に販売した排ガス浄化装置(DPF)について、DPFの性能が東京都の定めた基準値を2〜3割下回っていたと、陳謝した。 ディーゼル車規制は、東京都など1都3県が2003年10月から始めた環境政策の目玉。都の怒りは大きいが、DPF製造メーカーからは同情の声が聞こえてくる。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:731文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 環境・自然保護(車・機械)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(車・機械)
【記事に登場する企業】
三井物産
update:18/07/31