日経ESG 2005/01号

トレンド・アンド・ニュース 環境税
賛成派も反発、2005年度導入厳しく
環境税

 11月上旬に環境省が出した環境税の具体案は、環境税推進派の議員からも反発を買い、自民党の環境部会が独自の環境税案をまとめるなど異常な事態になった。政府税調も具体案には踏み込まず、2005年度の導入は、極めて厳しくなった。 環境省案は、税率を炭素1t当たり2400円、税収額約4900億円。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:709文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
【記事に登場する企業】
環境省
自民党
update:18/07/31