日経ESG 2005/01号

環境法を知る 今月の環境法
ロシアが京都議定書を批准 環境省、環境税の具体案提示

 11月5日、ロシア政府が京都議定書を批准した。2005年2月16日に発効する。同議定書には、既に124カ国とEU(欧州連合)が批准している。1990年のCO2排出量が先進国合計の17.4%を占めるロシアの批准で、「55カ国以上、附属書I国の合計排出量の55%以上」という発効要件を満たした。「温暖化ガスの排出量を6%削減する」という日本政府の義務が現実のものになったわけだ。(77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1682文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
update:18/07/31