日経エレクトロニクス 2004/12/20号

Selected Shorts
東芝と九州大学 アナログICの研究開発で包括提携

 東芝と九州大学が,アナログICの研究開発において包括提携した。同社が2003年6月に福岡県北九州市に設立したアナログICの開発評価センターと同大学の間で共同研究や,人材の相互交流を図る方針である。将来は製品化につながる技術開発まで手掛けたいとする。今回は包括提携に関する契約を結んだだけで,具体的な研究テーマや開発期間などは決まっていない。(43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:385文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 産学連携・協同(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの産学連携・協同
ビズボードスペシャル > 産学連携・協同 > エレクトロニクスの産学連携・協同
【記事に登場する企業】
九州大学
東芝
update:19/09/26