日経エレクトロニクス 2004/12/20号

特集 試験管からエレクトロニクス
第3部 有機の応用は助走段階 次に来るのは機能性分子

 「有機材料を使えば,Siなどの無機材料では到底できなかったことが可能になる。有機エレクトロニクスのすごさがここにある」(早稲田大学 理工学部 応用化学科 教授の西出宏之氏)。有機半導体を使ったディスプレイやセンサ,太陽電池といった素子は,材料が発光する,製造工程で自己組織化現象を利用できる,材料選択の自由度が高いといった有機材料の特徴を生かしている。(116〜121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8711文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 試験管からエレクトロニクス(99ページ掲載)
試験管から エレクトロニクス
特集 試験管からエレクトロニクス(100〜107ページ掲載)
第1部 化学が広げる可能性に賭け Siにない新天地を開拓
特集 試験管からエレクトロニクス(108〜115ページ掲載)
第2部 豊富な選択肢を生かし 材料を差し替え性能向上
特集 試験管からエレクトロニクス(116〜121ページ掲載)
第3部 有機の応用は助走段階 次に来るのは機能性分子
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > 素材(半導体関連)
ビズボードスペシャル > 素材 > 素材(半導体関連)
update:18/07/31