日経エレクトロニクス 2005/01/03号

What’s New
台湾製液晶テレビに待った SELが西友などを提訴
搭載パネルが特許侵害と主張

 2005年には日本国内におけるテレビ受像機の全出荷量のうち,40%近くを占めると見込まれる液晶テレビ。世界で最も早く普及が進む日本市場に向け,台湾製の低価格品が続々と国内に上陸している。それに合わせて,特許侵害に関連する係争が増える様相を呈してきた。(31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1229文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 知的財産・特許(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの知的財産・特許
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > テレビ
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > テレビ
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > エレクトロニクスの知的財産・特許
【記事に登場する企業】
西友
半導体エネルギー研究所
update:18/07/31