日経エレクトロニクス 2005/01/03号

Selected Shorts
垂直HDD,30年を経て実現

東芝が他社に先駆けて垂直記録方式のハード・ディスク装置(HDD)の実用化を表明した。垂直記録方式は,1977年の国際会議「International Magnetics Conference」で初めて発表されて以来,実に30年近い時を経て実用化に至った。パワー半導体などの分野でも,技術者の長年の夢だった技術の実用化が近づいている。(34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:231文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ストレージ製品・技術 > ハードディスク(磁気記録技術)
【記事に登場する企業】
東芝
update:18/07/31