日経エレクトロニクス 2005/01/03号

NETs講座
未来を見据えて 電子プラットフォームなくして クルマの開発は立ち行かず

自動車のエレクトロニクス装備の開発体制が大きな変化点を迎えている。電子化の流れが加速したことで,これまでのような装備ごとの個別開発ではなく,システム全体を統合した開発が不可欠になった。トヨタ自動車でこうした移行を推進する担当者が,その取り組みを解説する。(122〜131ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6997文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他部品(車・バイク)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
update:18/07/31