日経パソコン 2005/01/24号

ニュース NEWS EYE
あなたのプロバイダー、迷惑メール対策の本気度は?
進むプロバイダー自らの強制排除、海外の監視機関などを活用へ

うんざりするほど届く迷惑メールに日々お困りだろうか。それとも被害なく“無風”だろうか。そのどちらとなるかは、実は契約しているプロバイダーによって決まってくるかもしれない。プロバイダー各社で迷惑メールへの取り組みに温度差があるためだ。 手元に総務省が12月27日に発表した、約40ページの調査報告書がある。(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:905文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > 迷惑メール*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
update:19/09/25