日経パソコン 2005/01/24号

特集 デジタル化の落とし穴
動画のDVD化は画質の劣化が前提
ビデオテープ編

 ビデオテープのデジタル化は焦眉の課題だ。DVDレコーダーの急速な普及により8mmビデオやβ方式どころか、VHS方式さえ市場からの退場を迫られている。再生環境がなくなる前になんとかしないと取り返しのつかないことになる。 ビデオのデジタル化する際の設定で画質を大きく左右するのは、ビットレート。静止画と異なりファイル形式には事実上、選択肢がない。(88〜97ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:13227文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 デジタル化の落とし穴(78〜79ページ掲載)
デジタル化の 落とし穴
特集 デジタル化の落とし穴(80〜87ページ掲載)
最適なデジタル化は案外難しい
特集 デジタル化の落とし穴(88〜97ページ掲載)
動画のDVD化は画質の劣化が前提
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > その他(パソコン・デジタルギア) > その他(パソコン・デジタルギア)
update:18/07/31