日経ESG 2005/04号

トレンド・アンド・ニュース 花粉症
過去最大規模の花粉が来る “国家プロジェクト”の効き目は
花粉症

環境汚染とのかかわりが大きいと言われる花粉症。今春のスギ・ヒノキ花粉の大量飛散を受け、国も科学的取り組みに本腰を入れた。しかし、環境との因果関係など原因究明は棚上げの状態で、中長期戦は必至だ。 「花粉症は、大気汚染や地球温暖化、食生活や住環境など、多くの因子が絡む生活環境病」(日本医科大学耳鼻咽喉科の大久保公裕助教授)。広い意味での環境問題だと言える。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1307文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
update:19/09/24