日経ESG 2005/04号

トレンド・アンド・ニュース 自然保護
世界遺産・白神山地の巻き返し 森の保全で商品をブランド化
自然保護

同時期に世界遺産に登録されながらブランド化で屋久島に後れを取った白神山地。地元は、森を守りながら作る食品や工芸品を開発し、“白神ブランド”として販売。収益の1%を森の保全に当てる仕組みを作った。 貴重な自然を守ることと商品作りを一体化させ、特産品のレベルより一歩踏み込んで戦略的にブランド化していく——。(25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1379文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
update:19/09/24