日経ESG 2005/04号

リポート ワールドウオッチ研究所
氾濫する遺伝子組み換え作物 業界利益を代弁する米国政府

 第一線の科学者らによる米国の独立組織「憂慮する科学者同盟」は、米国のトウモロコシ、大豆、キャノーラなどの作物の種子が「遺伝子組み換え作物(GMO)に由来するDNAに、低レベルながら広く汚染されている」と報告した。また、ある研究機関が、トウモロコシ、大豆、キャノーラを検査したところ、全体の83%に遺伝子を組み換えたDNAが見つかったという。(128〜129ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2867文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ技術 > 遺伝子・細胞
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
【記事に登場する企業】
米国政府
update:19/09/24