日経ESG 2005/04号

ワールドトレンド From EU
EU拡大の環境政策への影響 新加盟国は規制に対応できるか

 新規加盟国は、EU(欧州連合)加盟に向けて既に多くの分野で法整備を進めてきた。しかし、環境関連の法整備、特に実際の施行や運用体制の整備については、明らかに遅れている。例えば、新規加盟国の環境当局は、新法に沿って実施する許認可業務に対応し切れていない。(191〜192ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3129文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
【記事に登場する企業】
欧州連合(EU)
update:19/09/24