日経ビジネス 2005/03/21号

特集 最後の財閥 三菱の聖戦
最後の財閥 三菱の聖戦

 三井、住友、安田…。かつて財閥と呼ばれた企業集団も時代の波には逆らえない。企業統合という名の生き残り競争の結果、集団に往時の姿はない。そうした中、三菱グループは業種ごとに勝ち組企業を多く抱え、今なお「三菱金曜会」という要を持ち続ける。さしずめ最後の財閥と言える企業集団だ。 最後の財閥は、135年の歴史でも有数の危機に直面する。(31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:782文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 最後の財閥 三菱の聖戦(31ページ掲載)
最後の財閥 三菱の聖戦
特集 最後の財閥 三菱の聖戦 第1章(32〜37ページ掲載)
すべては究極シナリオ   から始まった
特集 最後の財閥 三菱の聖戦 第2章(38〜41ページ掲載)
御三家が最終決戦へ
特集 最後の財閥 三菱の聖戦 第3章(42〜43ページ掲載)
進化か衰退か、財閥の未来
特集 最後の財閥 三菱の聖戦 人物●編集長インタビュー(44〜47ページ掲載)
西岡 喬 氏[三菱重工業会長、三菱自動車会長兼CEO] 自動車再建、責任は自分
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
update:19/09/24