日経ビジネス 2005/03/28号 別冊

特別編集版 超変化の時代に克つ 変革への挑戦
小野 文明[日本マニュファクチャリングサービス社長] 量から質でモノ作り支援

製造コストを削減するため、請負会社と呼ばれる企業に製造をアウトソーシング(業務の外部委託)する日本企業が増えてきた。 2004年3月には労働者派遣法が改正されて製造業務への人材派遣も解禁され、製造業務のアウトソーシング化は拡大していく可能性がある。しかし、日本のモノ作りを強化していくためには、外部の人材を活用する意義を見直す必要がある。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1251文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
【記事に登場する企業】
日本マニュファクチャリングサービス
update:19/09/24