日経ビジネス 2005/03/28号 別冊

特別編集版 超変化の時代に克つ IT活用術●農業
和郷園 農業専業でも高所得を得られる

 日本の消費者が年間に支払う飲食費は80兆円を超える。一方、農産物の生産量に農家からの出荷価格を乗じた農業総算出額は、2003年時点でおよそ9兆円。 生産額と最終消費支出額のギャップは、農作物がもたらす果実が加工や流通部門に集中し、生産者の農家は割を食っている構図が浮かび上がる。一方で、ギャップは農家の所得を成長させる余地とも言える。(96〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3062文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
和郷園
update:19/09/24