日経ビジネス 2005/03/28号 別冊

特別編集版 超変化の時代に克つ 特別インタビュー
キャサリン・マン [国際経済研究所シニアフェロー] 真のIT化は雇用を増やす

私はIT(情報技術)が世界の経済成長に大きく貢献していると確信していますが、IT主導の成長は「安定成長」にはなりません。その性格上、変革を伴う成長になることが避けられないのです。 企業はITを利用して、生産方法や職場の習慣を変革し新しい製品を生み出します。これは企業や労働者にとっては安定ではなく不安定と映ります。(120〜124ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4658文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
米国際経済研究所
update:19/09/24