日経ビジネス 2005/04/11号

時流超流・トレンド In the Market
土壌汚染隠蔽事件で揺れる三菱地所  マンション事業の見直し期待も

 都心のオフィス事業で知られ「丸の内の大家さん」と呼ばれる三菱地所の株価の先行きに不透明感が広がっている。大阪市北区の複合施設「大阪アメニティパーク(OAP)」内のマンションを2001年冬から2002年夏にかけて販売した時に、重要事項に当たる土壌汚染の事実を説明しなかったとして、三菱マテリアルとともに宅建業法違反容疑に問われているからだ。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1487文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
三菱地所
update:19/09/24