日経ビジネス 2005/04/11号

時流超流・トレンド
これからのソニー、中鉢次期社長が語る 「虚業を実業に引き戻す」

 6月にソニー次期社長に就任する中鉢良治副社長がこれからの舵取りを語った。ソニーにとって焦眉の急は、収益力とブランド力の両面で低迷する家電事業の再建だ。かつて圧倒的な優位を誇ったテレビがその象徴とばかりに「薄型テレビの王座奪回」を宣言。そのためには、これまでの経営の誤りを正していくと訴える。 (10〜12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5459文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
ソニー
update:19/09/24