日経ビジネス 2005/04/18号

緊急連載 リポート 銀行の晩鐘 西川善文とその時代 2
系譜

 山梨県大月市にある大月カントリークラブ。その14番ホールには、正面に広がる緑の絨毯とはあまりにも不釣り合いな高圧線鉄塔が、ティーグラウンドのすぐ後ろにそびえ立っている。 この銀色に鈍く輝く鉄塔こそ、三井住友銀行頭取の西川善文が、その剛腕ぶりを知らしめた証しである。決してあきらめない男、西川を象徴するモニュメントと言ってもいい。(170〜175ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6950文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
三井住友銀行
update:19/09/24