日経ものづくり 2005/05号

万華鏡
薄くて軽くて折り曲げられる 腕時計の未来形

スイス・バーゼルで開かれた「BASEL WORLD 2005」は,2000社以上が出展する時計と宝飾品の見本市。1917年に始まった伝統あるイベントに,セイコーウオッチとセイコーエプソンは“未来型”腕時計を出展した。表示部に,セイコーエプソンと米E Ink社が共同開発した電子ペーパーを使ったものだ。厚さはデジタルクオーツ式で使う反射型液晶表示体(LCD)の半分。視野角は紙と同等。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:362文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 工業製品・グッズ > 時計
【記事に登場する企業】
セイコーウオッチ
セイコーエプソン
update:19/09/26