日経ものづくり 2005/05号

詳報 オン抵抗の世界最小記録を
オン抵抗の世界最少記録を続々更新 次世代SiCパワー素子の開発が進む
実用化すればCO2総排出量は1%減

 SiC(炭化ケイ素)パワー素子が,オン抵抗の世界記録を相次いで更新した。2004年12月に12.9mΩcm2の三菱電機,7.15mΩcm2のロームと発表が相次いだ。2005年に入って3月3日,産業技術総合研究所が4.3mΩcm2を達成した。その直後,28日には産総研が1.01mΩcm2の成果を発表し,自らの記録を抜いた。4カ月足らずの間に1ケタ下がったことになる(図1)。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2147文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > その他(CPU・LSI製品・技術)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
update:19/09/26