日経ものづくり 2005/05号

詳報 重いデータを軽快に扱う
重いデータを軽快に扱う ミッドレンジ3次元CAD「Solid Edge」
アセンブリモデルの扱いを工夫し,設計の効率化を後押し

 UGS PLMソリューションズ(本社東京)は,日本で2005年5月中旬の出荷開始を見込んでいる同社のミッドレンジ3次元CAD「Sold Edge」の新版(Ver.17)に関し,機能強化の概要を明らかにした。最大のポイントは,より融通の利く運用を可能とする機能が追加されたこと。さらに,より習得しやすいユーザー・インタフェース(UI)を導入したことである。(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3103文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > CAD/CAM/CAE
【記事に登場する企業】
UGS PLM ソリューションズ
update:19/09/26