日経ものづくり 2005/05号

特集 悩める技術者の幸福論 Part2−10
早稲田大学  川本広行氏 メカニズムの原理追求を望み 自由な研究環境を求めて大学教授へ
CASE10

理工学部機械工学科教授。日立製作所と富士ゼロックスで研究に従事した後,1999年から現職。日立製作所時代に工場で開発の傍ら自主的に研究を続け,工学博士号を取得する。55歳。写真:本多晃子 早稲田大学理工学部機械工学科教授の川本広行氏が望む仕事は「メカニズムの原理追求」だ。研究者として,機械や装置などがなぜ動くのか,その原理を抽出して解明することである。(61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1668文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
【記事に登場する企業】
早稲田大学
update:19/09/26